害虫はよそへ行け、柿の木のイモムシと戦う 八日目 - アーリーリタイアで俺は楽をしたい
FC2ブログ

アーリーリタイアで俺は楽をしたい

仕事を早期リタイアして知恵をひねって仕事もせず資産運用で楽して生きることを追求するブログです。

TOP >  日記 >  害虫はよそへ行け、柿の木のイモムシと戦う 八日目

害虫はよそへ行け、柿の木のイモムシと戦う 八日目

この対イラガ日記もついに8日目。
イラガに効果のある農薬スミチオンの特性はわかった。
これまでの体験と調査して得た知識により、効果的対処が可能になる。
秋口に柿の実が収穫できる日は近い。

残敵は残り少なくなった模様。

ポイズンクローラー「イラガ」。
毒針を持つデンキムシ。
この害虫に対してスミチオンの散布と葉っぱごと踏みつぶす対応でここ2,3日だいぶ数を激減させることに成功した。
所詮は無知に等しいクローラー。
人間さまの敵ではなかった。


台風がくるから散布をおさえる。

葉の裏側に容易に見つかるようなイラガは数を減らしつつある模様。
とどめを刺したいところだが、あさって関東に台風13号が上陸するという情報がある。
スプレーした農薬を雨風で流されては意味がないし、先日散布した農薬が葉の表面に付着しているだろうからけちって静観するとしよう。


あとは剪定ばさみで両断。

ものすごい残虐描写でお見せできないが、群体行動を控えるほどに個体数を減らしたイラガには剪定ばさみや刈込ばさみで葉ごとちょきんと両断してまっぷたつにしたほうが楽だった。
園芸グローブをつけて握りつぶしてもいいのだが、気持ち悪いのは変わらない。
グローブを外すとき毒液に触れれば悶絶するだろうし、これが一番楽だと思いました、はい。


まとめ

だいぶ、こなれた感じになってきた。
このままいけば10月には柿がそれなりに収穫できるかもしれない。
巨木のわりに去年は柿2個しかとれなかったのだ。
俺に牙をむいたイラガは許さない、絶対にだ。







おっさんの日記をしたい」、
今日も読んでくれてありがとうございました。

では、みなさん、今日も元気にお過ごし下さい!
関連記事
スポンサーサイト



コメント






管理者にだけ表示を許可