害虫はよそへ行け、柿の木のイモムシと戦う 五日目 - アーリーリタイアで俺は楽をしたい
FC2ブログ

アーリーリタイアで俺は楽をしたい

仕事を早期リタイアして知恵をひねって仕事もせず資産運用で楽して生きることを追求するブログです。

TOP >  日記 >  害虫はよそへ行け、柿の木のイモムシと戦う 五日目

害虫はよそへ行け、柿の木のイモムシと戦う 五日目

イラガにオルトランは効果が薄い?
柿の木と食べられ続ける葉っぱを眺めているとこれは駆除に失敗しているのではないか、という気持ちに襲われています。

いまだに健在のイラガ

柿の根本にオルトランをまいて水をやって五日目。
葉の裏側にはイラガがびっしりはりついているのを発見。
やはり、やつらには効果が薄いらしい。
ポーズ、絶望、苦悩 
どうやら根本的に対処をあやまった気がしている今日このごろ。
柿の木にやってくるスズメがイラガをつまんで全滅させてくれてもいいのよ。


住友化学園芸のサイトに入り浸る

オルトランも住友化学園芸の商品だけど、柿の木のイラガ、カキノヘタムシに効果があるとはひとことも記載がない模様。

なんということだ・・・。

効果がないわけじゃないんだろうが、有効でもないというところか。
例えるならば、火耐性があるモンスターに火炎魔法をぶつけているようなものだろう。
むしろご褒美の可能性すらある。


スミチオン乳剤?それが効くの?

さらにサイトの情報をくわしく読み漁ると柿の木のイラガの紹介、生態、駆除方法などが書かれていた。
それによるとスミチオン乳剤というスプレー散布するタイプの農薬で倒せ、と書かれていました。
なんてこった・・・。無知は罪。

でも通販だと取り寄せ10日ばっかりでお盆に入ってしまうことも判明。どれだけ需要のない農薬なのだろうか。

というか、いまどきのサイコロみたいな住宅とマンション・アパートなどの集合住宅の事情で柿の木を育てているひとが少ないのだろう。

知れば知るほど庭で柿の木を育てるということが、人間としてかなりレベルが高いことをしていることに気づかされるのだった。


まとめ

どうやらスミチオンという農薬がイラガに効果的。
しかし通販では取り寄せ10日、送料480円。
10日も待っていたら葉っぱがまるっとやられてしまう。
どうやら俺を本気にさせたな、イラガよ。







おっさんの日記をしたい」、
今日も読んでくれてありがとうございました。

では、みなさん、今日も元気にお過ごし下さい!
関連記事
スポンサーサイト



コメント






管理者にだけ表示を許可