【メモ】2020年5月23日の世界の感染数518万人、死者数33.6万人 - アーリーリタイアで俺は楽をしたい
FC2ブログ

アーリーリタイアで俺は楽をしたい

仕事を早期リタイアして知恵をひねって仕事もせず資産運用で楽して生きることを追求するブログです。

TOP >  日記 >  【メモ】2020年5月23日の世界の感染数518万人、死者数33.6万人

【メモ】2020年5月23日の世界の感染数518万人、死者数33.6万人

感染数、死者数は今も増加中


どうも、てかとです。

まず世界の感染データ確認をします。
世界の新型コロナ感染数が518万超え。
過去7日で9.8万人→8.1万人→8.0万人→
9.4万人→9.0万人→10.9万人→10.5万人増。
(米ジョンズホプキンス大調べ)
現在の死者は33.6万人

こちら比較対象になります。

・東日本大震災で亡くなった方の数は
1万5899人
(参考:日経新聞)です。
茨城県水戸市の人口269,015人
(参考:水戸市の常住人口より)

軍師、参謀、アイコン
脳内軍師

ブラジルの増加が2万近いとか、
アメリカとほぼ変わりませんね。
明日にはロシアに並びかねませんぞ。

俺アイコン、細目
てかと

アメリカとブラジルの感染数増加は同じくらい
だが大きな違いがある。
ブラジルにアメリカのように莫大な予算を投じて
ワクチンが作れるのか、という違いが。
そこが怖いな。

次に日本の感染確定数/日が2桁維持中です。
今は30→24→39件です。

なお、東京の感染報告は11から3人となってます。
東京の一桁伝説は続くか注目。 25日には解除されるかもしれないなあ。

ときに14日に特定警戒都道府県の解除された
地元茨城県だが、解除されたのちも観光施設や
水族館などの施設の全開放はほぼ進んでない。
大洗水族館は再開したが県外からの来館者は
おことわりになっている。

非常に興味深いのはこちらのツイート。
海外で遊興施設が開放されるといっても、
随所に工夫がみられるのだった。
遊興施設が開放されても透明のシールドが
ギャンブラーを守ってくださる、といいな(笑)。
飯を食ったり飲んだりする場所では、
客はマスクをとるからこういうシールドを置くか、
座席を離すほかはない。
無礼だが手袋したままメシを食うのもやむなし、
かもな。

収束後の再開に関するロードマップは
自治体によるだろうが、
どこもかなーり慎重に進められる模様です。
軍師、参謀、アイコン
脳内軍師

地元も思ったより施設の開放は進んでないです。
遊園地以外でも遊具施設がある公園は遊具を
封印しているとことわり書きもありましたよ。

俺アイコン、どや
てかと

誰がさわったかわからんものには、
手を出すなってことと解釈してる。
そういう慎重な時代の幕開けだな。

それに「いざ解除、推してまいる」
といっても人間ってのは普通動けない。
明日から戦やるから集まれ、と動員して
本当に翌日動けるのなんて、
戦国時代の島津家くらいだろう。
そう簡単にスイッチをオンオフできぬさだめ。

※例外として俺みたいにアーリーリタイアして
田舎でくだまいてる好き勝手なやつらを除く。

いきなり「さあ営業再開だ」と言っても、
まともに動けるやつが現代でどれほどいるのか。
このツイートをみたときは正直しびれたよ。
わかります、わかります。
そりゃあこたえますよねえ。

できるやつは怠けず動けてしまうだろうが、
そいつが超エリート戦士なだけだ。
そういうすげえ社員を会社は大事にしてほしい。
人は宝だな。
ともかくですよ。

やっぱり俺たちは歴史の転換点にきた。

これからはでかい企業に就職したら、
最高素敵なパートナーと結婚したのち、
都会を捨てて地方に引きこもって、
リモートワークが主流になりそうだと
感じるのだった。
これが令和以降の勝ち組になるだろう。

都会はインフラが整っていいが、
人が多すぎてやばい、と。
GAFAMの一角、フェイスブックは
ほぼほぼリモートワークに
移行してるとか。

これからはリモートワーク一択・・・。
それが令和だ(迫真)。

また今回のステイホームが身に染みたり、
俺みたいに完全に独り身が気に入って
資産を作って辞めてしまうタイプも
今後、その数を増やすことだろう。
いいね・・・実にいい・・・(暗黒微笑)。

そもそも、一生を通して職務をまっとうしたいと
願っても世間は敵も多いし罠がいっぱいです。

人面獣心のやつらから自分の身を守らないと
いけないんです。
これをみてください、有終の美も飾れないんですよ。
人の醜聞を面白おかしく書き立てることで
メシを食ってるメディアが赤心の思いで
ちやほや接待などするわけがない。
甘い言葉で近づくものは絶対に孔明の罠です。
なかなか学ぶことは多い。
軍師、参謀、アイコン
脳内軍師

新型肺炎という人類未曽有の脅威と戦っている間も
特定野党の政争したい連中の燃料にされるとか、
黒川検事長はむなしいピエロにされてますなあ。

俺アイコン、細目
てかと

検察のトップといっても所詮は人の子。
メディアとずぶずぶの連中は
こんなもんじゃろうが(笑)。
あと政治が検察に介入するなんて
俺が覚えてるのあれしかないぞ。

軍師、参謀、アイコン
脳内軍師

あれはそう・・・。
中国の不審船体当たり事件、いわゆる
旧民主党政権の「sengoku38事件」ですね。
決して過去は消えないという試練(失笑)。

俺アイコン、ワ
てかと

当時、中国にソンタクして海保の巡視船に
体当たりした船長の起訴を取り下げるよう
検察に介入。
色白船長()は無事に中国に帰って英雄扱い。
義憤に駆られて衝突映像をネットに流した
元自衛官は不遇にも退官させられたという
お涙頂戴の物語。映画化決定だな。

渡る世間は鬼ばかりじゃい。
嫌ならやめろとひとのいう。
世界はごらんのありさまであり、
しかも敵は新型肺炎だけではありません。
三菱電機に大規模サイバー攻撃されて、
最新鋭高速ミサイルの情報が抜かれたとか
防衛省の幹部が複数証言しています。
いったいどこの国がやったんだ?(棒読み)
みなさんも重々気を付けられたし。

最後に日本全体の死者数推移は
713→725→744→749→768→771→777人です。
このカウントにあなたが入らないことを祈りましょう。

強く生きよう!

※個人の意見です。
一読ありがとうございました。
下のバナーもよろしくお願いいたします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村


... 続きを読む


関連記事
スポンサーサイト



Return

関連記事
No Subject * by 声なき声
黒川検事長をめぐっての一連の騒動は、まるでコントを見ているようでした。
某野党など、官庁の労働組合が支持基盤のひとつなのに、定年延長につながる法案に血眼になって反対していたのですから、本末転倒もいいところです。
 
これは私の単なる憶測ですが、政権側にとってはあまり気乗りのしない法案であったので、むしろ信じがたい幕切れで廃案になったことを、内心は喜んでいるのではないでしょうか。
賭けマージャンのことを『週刊文春』に漏らしたのは、案外、総理周辺の人物であったりして・・・。

Re: No Subject * by てかと
> 黒川検事長をめぐっての一連の騒動は、まるでコントを見ているようでした。
このあとの後任人事もまた当てつけのようで面白いですね。

> 某野党など、官庁の労働組合が支持基盤のひとつなのに、定年延長につながる法案に血眼になって反対していたのですから、本末転倒もいいところです。
この法案は廃案になったのでとどめも美しい。
まあこのシナリオ書いた野党のブレーンは頭どうかしているとしか。

>  
> これは私の単なる憶測ですが、政権側にとってはあまり気乗りのしない法案であったので、むしろ信じがたい幕切れで廃案になったことを、内心は喜んでいるのではないでしょうか。
> 賭けマージャンのことを『週刊文春』に漏らしたのは、案外、総理周辺の人物であったりして・・・。
卓を囲んでいた朝日新聞と産経新聞はだんまりを決め込んでいるので、
報道しない自由のせいで真相はわかりませんね(笑)。

コメント






管理者にだけ表示を許可

No Subject

黒川検事長をめぐっての一連の騒動は、まるでコントを見ているようでした。
某野党など、官庁の労働組合が支持基盤のひとつなのに、定年延長につながる法案に血眼になって反対していたのですから、本末転倒もいいところです。
 
これは私の単なる憶測ですが、政権側にとってはあまり気乗りのしない法案であったので、むしろ信じがたい幕切れで廃案になったことを、内心は喜んでいるのではないでしょうか。
賭けマージャンのことを『週刊文春』に漏らしたのは、案外、総理周辺の人物であったりして・・・。
2020-05-23 * 声なき声 [ 編集 ]

Re: No Subject

> 黒川検事長をめぐっての一連の騒動は、まるでコントを見ているようでした。
このあとの後任人事もまた当てつけのようで面白いですね。

> 某野党など、官庁の労働組合が支持基盤のひとつなのに、定年延長につながる法案に血眼になって反対していたのですから、本末転倒もいいところです。
この法案は廃案になったのでとどめも美しい。
まあこのシナリオ書いた野党のブレーンは頭どうかしているとしか。

>  
> これは私の単なる憶測ですが、政権側にとってはあまり気乗りのしない法案であったので、むしろ信じがたい幕切れで廃案になったことを、内心は喜んでいるのではないでしょうか。
> 賭けマージャンのことを『週刊文春』に漏らしたのは、案外、総理周辺の人物であったりして・・・。
卓を囲んでいた朝日新聞と産経新聞はだんまりを決め込んでいるので、
報道しない自由のせいで真相はわかりませんね(笑)。
2020-05-23 * てかと [ 編集 ]