しっくい壁の断裂をコーキング材で済ませてみるテスト - アーリーリタイアで俺は楽をしたい
FC2ブログ

アーリーリタイアで俺は楽をしたい

仕事を早期リタイアして知恵をひねって仕事もせず資産運用で楽して生きることを追求するブログです。

TOP >  DIY >  しっくい壁の断裂をコーキング材で済ませてみるテスト

しっくい壁の断裂をコーキング材で済ませてみるテスト

建材どっちを使うか悩んだ末のはなし。

今回は一風変わってDIYの話。
いまどきのサイコロみたいな家には見かけない
古い技術を用いて作られた戸建ての我が家。
ようは昭和の物件なのです。

てかと

内壁の石こうボード上に厚さ2mmで均等に
塗り固められた白いしっくいが技術の高さを
感じさせる。できるな!

諸葛亮、孔明、罠、策、軍師
脳内軍師

これは技量習熟した左官職人の仕事で京壁、
聚楽壁も同様の厚さで塗られていると推察。
今後廃れる技術ですね。楽じゃないし。

ここで本題です。
いくつかのしっくい壁に断裂、クラックがあるんです。

面白そうなので職人さんを呼ばずに、
自分で補修することにしました。
風呂場とか水場の壁の断裂、目地補修はバスコーキング材で
さっくり埋めて上からペンキ塗ってあります。
緊急性の高くない箇所はわりとひびが残ってるけど。

てかと

なお地震が頻発する関東の家はわりとしっかり作ってある。
それでも限度ってものはあるよな。

諸葛亮、孔明、罠、策、軍師
脳内軍師

さすがに震度7クラスの重たい一撃をくらうときつい。
それでも家屋全壊した家は茨城でも少なかったですね。
半壊、全壊しないから補助金とかもらえなかったし。

正直、東日本大震災級は椅子から転げ落ちるレベル。
ソースは俺。実際転がっていたから間違いない。

壁の石こうボード上の継ぎ目が振動に耐えきれず
塗られたしっくいにひびが入ったりすることはある。
これはわかる。

こいつの修繕をどうするかは、俺だけの命題。
ひびの個所が水場でもないと必死さがなく、
これまで完全放置なのがトイレのしっくい壁だった。
ひびとか見つかると恰好よくないしなぁ。

同じ建材のしっくいで薄くひびを埋めると見た目は、
白く仕上がりも美しいがまた同じ個所に強い振動が
加わると同じ個所に亀裂が生じるのはアホでも想像がつく。

言葉は悪いが未来の結果が見えている同じ失敗を、
何度も繰り返すのは頭が悪いと断ぜざるを得ない。
ひとは学習する生き物でなくてはならない。

さすがに呆やボケはわかってても対処不可能だから、
甘んじて受け入れよう。
誰もが老いる・・・愛すべき未来の自分に乾杯だ。

しっくい壁のクラック補修、コーキング材 
そこで今回はひびの目立つ箇所をドライバーなどで、
広げて石こうボードとしっくいに隙間のできた
弱いしっくいを取ってしまい内壁用の建材、
シリコンシーラント(ホワイト)
で埋めてみることにした。
白いしっくいに使うからホワイト。
ほかのクリア、グレイ、ブラックの建材を使い、
塗料で白く塗ってもいいが手間が無駄だろう。
合理主義バンザイ。

業務用で一般建築材の目地補修に使える。
塗料も選ぶがシール材の上に塗装も可能。
てかと

危険有害性情報として発がん性物質を含むので、
当たり前だが腹が減っても飲んではいけない
飲むなよ、絶対飲むなよ!

諸葛亮、孔明、罠、策、軍師
脳内軍師

そんなリアクション芸人じゃあるまいし(ごくり)。
使い終わったパッケージは不燃ごみとして処分する仕様です。

開封したらすぐ使おう、くらいのノリでいる。
気になる記載もあるが手袋はするから素手で作業しないし、
なにしろ俺は現場などで正規の訓練とか受けてないし、
ただ俺が信じる俺を信じるのみ。

建材の使用説明を読んで要約すると外壁、
内壁の補修に使えるとあるから、
用途はあっているとしかわからない。
まぁ、それで十分だろう。

特徴としてコーキング材はしっくいと違って
完全硬化することはない。
つまり、家全体、ビル全体が揺れてもひびが入らない。
柔軟にしなって耐えるタイプだ。
てかと

軍師、こういう補修にはうってつけの建材と言えるな。

諸葛亮、孔明、罠、策、軍師
脳内軍師

古い戸建てならばそうですね。
いまどきの戸建てはもっと簡素で美しい設計だから
こんな苦労いらないんでしょうけど。

てかと

いらない知識みたいに言うなよ!?
バリバリ使えますー!お役立ちですー!

服飾や味付けにうるさいのは人間だけだ。
本当に鍛錬すべきひとの内面を磨きもせずに心底面倒くさい。
おそらく俺は世俗や無頼の巷にたむろするうわべの幸福を
追求するタイプではないんだろう。
でなければ若くして孤独に隠居遁世などしない。

いつものように脱線したが建材と修繕選択の経緯はここまで。

ここからは昔ながらの技術をそのまま残して、
断裂箇所だけを綺麗に埋め、次の震災へ備える。
という命題だけを丁寧に対処する。

なお、建材そのものもそれほど高くない。
近所のホームセンターで600円ほどで買えるしろもの。
先日購入してきたコーキングガンというアイテムで、
建材を塗り込むタイプ。

完全硬化しないということは表面はある程度、
弾性を保持するので不思議な感触が残る。
しっくいの壁は吸湿、軽い防音、弱い断熱などの
特性があるがこの建材は吸湿性能はないだろうな。
どうみても表面光沢があり撥水してそうだ。
そこはしっくいに任せよう。
全体を仕上げるわけではないので問題ないと断定。

あと俺のような雑な男でもいきなり素手で塗るのではない。
建材をならすのにコーキングヘラを使う。
幼少期などに粘土細工の経験があるならわかるだろうが、
ヘラもいろんなタイプがある。
平面に薄く広げるもの、
カドに塗り込む細いヘラ、
カド仕上げをする45度カットされたヘラなど、
いろいろあって面白い。
ちょっとした職人の気分を味わえる。
ちなみに一本198円くらいの代物だ。

ひとまず、マスキングを剥がしたり、ティッシュなどで
汚れを落として仕上がりを堪能し、
接合面に問題ないことを確認した。
安定するのに2日くらい、とは言われてる。
その間、小僧のようなやんちゃをしなければ問題ない。
屋内だし壁自体、素手で触る箇所でもないので、
ほっといていいだろう。
てかと

大地震でもこの建材ならば問題ない。
俺はこの建材と使い方を教えてくれたなじみの工務店の
おっさんたちに感謝したよ。

諸葛亮、孔明、罠、策、軍師
脳内軍師

まぁ、くっそ暑い夏に体感温度50度近い焼けた
瓦の上で実地・見取りで補修方法の指南賜るのは、
かなり体力や気力を持っていかれましたけど。

てかと

それがいいんだよ!
楽して身に着くスキルとか技とかクソゲーだけにしとけ!
計略100%成功スキル「神算」とか封印な。

今後はこの技能・知識・経験で楽に家のメンテナンスができる。
さらに手段の幅が広がったことに感謝するのだった。
本来はプロがきて一日数万円払ってお願いする作業だ。
腕のいい職人は人件費がな・・・。
それも俺がやれば300円ほどの建材と手を洗う手間くらいで済む。
楽だ。やはり自分でやるのが一番だ。
俺は好奇心ひとつでなんでも挑んでしまう自分という存在に
感謝するのだった。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ  

関連記事
スポンサーサイト



承認待ちコメント * by -

承認待ちコメント * by -

承認待ちコメント * by -

承認待ちコメント * by -

コメント






管理者にだけ表示を許可

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
2019-10-04 * - [ 編集 ]

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
2019-10-04 * - [ 編集 ]

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
2019-10-04 * - [ 編集 ]

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
2019-10-04 * - [ 編集 ]