【家庭菜園】おっさんvsヨトウムシ 続き

忍ad



俺は楽をしたい
おはようございます、こんにちは、こんばんは、
初見の方は初めまして。
をしたい」へようこそ。

初見の方へ読む前に説明
このブログは、おっさんが日々のできごとを書いた日記です。
リンクフリー。コメント大歓迎。
ちなみに書いてるのは、変わったおっさんです。

昨日のおさらい

「男子、門をいずれば七人の敵あり」、とか申します。
今は門をでなくても大声でわめく隣人もいる。
籠城していて城外から敵に挑発をされる城主のような心境か。
今度の対応は地方自治体が主導します。
あれから静かになってましてね、「やったか?」という感じ。
(一級フラグ建築士談)

ナスの葉っぱをかみちぎる悪魔

そいつの名前は「ヨトウムシ」。
夜にだけ活動しておいしそうな部分だけを食い荒らす。
すでにペット犬のネッククールリボンをヒントにした、
殺虫剤をしみこませたネックハンギングリボン(仮)を設置。


だが、これだけでは不安です。
梅雨の時期、雨が降れば布が濡れて毒が揮発してしまう。
それに頻繁に殺虫スプレーをかければ野菜も不安です。
野菜を俺が食うんだからな。

ピンチを肴に試行錯誤を楽しもう

専業農家や菜園などのベテラン勢は経験済みでしょう。
飛来害虫、地下から侵略するへの対応はうざい
でも消毒液や殺虫剤をかけるのは、できれば避けたい。
スーパーや八百屋の野菜と同じになってしまう。
棒人間、落胆、失意
菜園でわざわざ俺が時間をかけて育てる意味を失う。

そういう先人からすると失笑ものかもしれないのですが、
俺なりの知恵、知識、経験から対策する
試行錯誤が面白い

日本の歴史は天孫降臨から皇紀にいたって2677年。
俺が経験していることは先人がやっていることなのだ。
温故知新ってやつだね。
コメントで対応もいくつかもらいました。


コメントにヒントが眠っている

今回は2つ紹介します。これだ!って感じのやつ。
仕事、探偵、調査
・ヨトウムシなどの害虫をも殺す猛毒を地面にまく方法。
オルトラン粒剤を土にまけばいい、というコメント。
シンプルだが完璧だといえるでしょう。ベストアンサーだ。
ただし、巻き添えでダンゴムシたちも死ぬよな。
そいつらは巻き添えで殺したくないんだが。

・ハエトリ用粘着シートを支柱や幹に巻き付ける方法。
完璧だ。ベストアンサーだ。(ベストとはいったい・・・)
芋虫ごときに粘着剤をはがせる力はない。
ということは、風雨で泥や土がはねるとべったりつくな。
そして罠にかかったヨトウムシを粘着シートから除去する
作業も発生する。それを俺がやるんだよな?
キモッ!とか言いながら割りばしでつまむんだよな。

一長一短あり、なかなか難しい。
これでなら完璧なのだ。どっちもタダじゃないしな。

つまり、どういうことだってばよ

困ったときは原点に返る。
オルトラン粒剤やハエトリ用粘着シートもヤマトタケルが
いたころにはない。遺憾ながら、うちにもない。

だが、太古の昔、収穫した野菜をしまう蔵はあった。
正倉院とか有名だよな。
蔵にあった野菜を狙う生き物から、貯蔵物を守る仕組はある。
ねずみ返し。ここテストにでるぞー。


というわけで、さっそく設置してみました。
幹や支柱からヨトウムシの体躯の2倍以上の距離があって、
表面がつるつるなら落ちると判断。胴長短足だからな。
クモとかの多脚生物はこれでも突破するだろうが、
クモは葉っぱ食わない。スルーでOK。
ねずみ返しの裏に殺虫スプレーを噴霧すれば嫌がるだろう。
隙の生じぬ二段構え。
たぶん、これが一番だと思います。
農家、汗
今回はこんな感じ。土中の微生物たちに罪はない。
むしろ土壌の改善にまい進してほしい。
ダンゴムシやミミズたちには土質の改善対応ができても、
おっさんにはできないのだ。



おっさんの日記をしたい」、
今日も読んでくれてありがとうございました。

忍ad


medi8 zone2



拍手、いいね、をありがとうございます。
では、みなさん、今日も元気にお過ごし下さい!

スポンサーサイト

コメント

No title
厄介なことは、害虫を除去することが目的でなく、作物を育てることが目的であるゆえ、ってことですね。
あまり強すぎる薬は使えず、弱すぎる手段は無意味であるという、塩梅が実に難しい状況。
出た結論は、コメントもヒントにしつつ、とても合理的なものでしたね。
結果がうまくいくように、祈っています^^
No title
うまくいったのですね。
めでたしめでたしです。
これで豊作なら言うことなすですね(^^)/
No title
ねずみ返し懐かしい~!
テストに出たーw
教えてくれてありがとうございましたwww
No title
めでたしめでたいでよいのか??
頑張ってる甲斐があったねっ

豊作間違いなしじゃないか^^
こんにちは~~~♪
わが家も留守にいている間に、
小さな木々の葉っぱがくるりんと丸まっていたり、
元気がなかったり、
虫食いだらけになっていました。
もう、ほんと嫌になります。

ヨトウムシ駆除~
てかとさんこんにちは~
ヨトウムシはんねず見返しでも
うまくできるんですね!
これで安心できますね!
なんでも試してみなきゃですね(^_^;)
ジャーはさすが匂いも出なくていい調子です。
今まで何台か買い換えましたが匂いなんて出たことなかったのにご飯の臭いのは食欲が落ちますからね!
良かったです(´∀`*)
なるほど…
物理法則ですかー。化学の力とは別問題ですもんね。
体によさそうな。
これでうまくいって、食われなくなったという結果ならレポートしてくださいね。

多分ですけど、これどっさり植えている人ならやる気にならない方法だと思います。でも、2本なら。
No title
オルトランしなくて正解ですね。
ナス、成分を根から吸います。
私みたいなアレルギー体質だと、反応出ますよ。
夜盗虫は、米ぬかが大好きなので、米ぬかで誘き寄せれます。
あと、卵を葉っぱの裏に産みます。
一か所に大量に産むので、すぐ分かります。
葉っぱごと卵を駆除すると、数は激減します。
ねずみ返し、面白いですね。
相変わらずな発想力ですね〜。
結果が楽しみです!

No title
てかとさん、格闘おつかれさまですw

まさかの物理解決www

正直ねずみ返しだけでは、
葉っぱの裏も歩いてるイメージのあいつらには、
オーバーハングもなんのその?と思ったけど、
殺虫剤の二段構えがナイスですね。
裏側だから、直接雨も当たりにくいだろうしw

だが、これらの施策が逆にヨトウムシの進化を促し、
摩擦係数の低いプラにさえ粘着する脚部と、
殺虫成分に耐えれるスーパーヨトウムシへの覚醒め(めざめ)の第一歩になろうとは、誰も気づかなかったのであった・・・w

No title
とりあえずは、めでたしですね。
No title
こんにちは~!

ヨトウムシとの戦いはまだ続いてたんですね~
そして第二次戦争が「ラットガード」!!
野菜にラットガードはえらく新鮮でした(驚)

我が家も「えんどうの葉」が食べまくられなんで、
何か対策しなくては・・・(悲)
お互い収穫に向け頑張りましょう!(笑)
では、また~

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
No title
゚ω゚)(-ω-)(゚ω゚)(-ω-)ゥィゥィ
この勢いは動画やないと伝わらない(笑)
テンションマックス時の玄徳っす₍₍ (ง ˙ω˙)ว ⁾⁾

めっちゃオリジナルなやつができあがっとる!!!
これを乗り越える猛者がいないことを
祈っとく(b`-ω-´)b
(*´▽`*)
ネズミ返し覚えておきます(笑)。
ヨトウムシがここのナスには
近寄れないぞ~って思ってほしいですね( *´艸`)

全ぽちっ☆と応援(*^^)v
No title
ネズミ返しとな(ФωФ)
米蔵イメージの固定観念で思いもしなかったですよよく思い付きましたね
正直土壌に殺虫剤?を染み込ませるとかいろんな生き物の怒り買うからやめとけオモタデスガ
これでピカピカ野菜ゲットだってばよ!d=(^o^)=b
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
No title
てかとさん こんばんは~♫

ネズミ返しですか。考えましたね。
完璧だと思います。
ただ、ヨトウムシは何でも食べる悪食だから、他の野菜の方へ移動しないか心配です。
全部にやるとなるとちょっと面倒?
ぽちっとな。
No title
キモっって言いながらやるんですね…(笑)
楽とは言ってもやっぱり大変な作業、こまめにお手入れしてあげてすごいなぁ(・∀・)

あー、てかとさんもご存じでした?(笑)
私はすごいびっくりしました(*´σー`)エヘヘ
No title
闇夜にまぎれ忍び寄る影
今宵撃退するはねずみ返し
その効力やいかに

結果が気になりますな
No title
ちょっと話は変わって、私はこの捕獲したヨトウムシの有効活用について考えたわけですよっ!

その昔、釣りをする人はミミズを餌にして魚を釣ったわけじゃないですか?

このヨトウムシを針で突き刺して・・・・うん、考えるのをやめよう -_-
No title
こんばんは!

ネズミ返しが出てくるとは思いませんでしたが
「誰も傷つかない」を掲げるのなら理想の選択な気がします(^^♪

この発想!流石ですね!(^O^)
No title
考えましたね(* ̄ρ ̄)”ほほぅ…
これで安心して、美味しくいただけるってことですね(@ ̄¬ ̄@)ジュルリ♪
おめでとうございます(= ̄▽ ̄=)V やったね
No title
おはようございます!
正倉院とか出てくるとは笑。これが歴史に学ぶってことですね。
大昔からムシはいただろうから、みんなどうにかして対処してやってきてるんですよね。
しかし、ムシも相当進化してるはず。薬剤耐性菌なんてのは1年で何百世代も入れ替わってるからすごいパワーアップする、だから薬が効かないといたちごっこ。ムシも同じような感じでしょうね。生存のためにすごいことやってくるかも?
とはいえ、ねずみ返しの技に脱帽です。
八咫烏(負傷中) さんへ
> 厄介なことは、害虫を除去することが目的でなく、作物を育てることが目的であるゆえ、ってことですね。
> あまり強すぎる薬は使えず、弱すぎる手段は無意味であるという、塩梅が実に難しい状況。
> 出た結論は、コメントもヒントにしつつ、とても合理的なものでしたね。
> 結果がうまくいくように、祈っています^^
ほかの生態系にダメージを与えることを考慮すると消毒、農薬は使いにくいんですよね
丁重にねずみ返しでお帰りいただきたいところですw
突破されている可能性があり、今朝写真をとりました。
成長記録ってやつですね
ジョニママ さんへ
> うまくいったのですね。
> めでたしめでたしです。
> これで豊作なら言うことなすですね(^^)/
いやー、二日目だからね、まったく油断ならんのですw
小学生がやる観察記録をとるような心境です、はい
atsu さんへ
> ねずみ返し懐かしい~!
> テストに出たーw
> 教えてくれてありがとうございましたwww
これで偏差値あがりますねw
デコ さんへ
> めでたしめでたいでよいのか??
> 頑張ってる甲斐があったねっ
>
> 豊作間違いなしじゃないか^^
芋虫もなんかおかしいぞ?って思うと対策してきそうだから
まだ油断ならん感じw
ありがたいことにナスは順調に実を付けています
窓 さんへ
> わが家も留守にいている間に、
> 小さな木々の葉っぱがくるりんと丸まっていたり、
> 元気がなかったり、
> 虫食いだらけになっていました。
> もう、ほんと嫌になります。
あー、そうか、水やりできてないからか
管理会社、建設会社に連絡して水やりとか話をしたほうがいいね
よっこたん さんへ
> てかとさんこんにちは~
> ヨトウムシはんねず見返しでも
> うまくできるんですね!
> これで安心できますね!
> なんでも試してみなきゃですね(^_^;)
> ジャーはさすが匂いも出なくていい調子です。
> 今まで何台か買い換えましたが匂いなんて出たことなかったのにご飯の臭いのは食欲が落ちますからね!
> 良かったです(´∀`*)
おはようございます!
まだわかりませぬ!w
結論出すにはまだ早いかなー、あいつらかしこいぞ
ジャーも手入れをすれば新品の状態を維持できますね
がんばって
まこ さんへ
> 物理法則ですかー。化学の力とは別問題ですもんね。
> 体によさそうな。
> これでうまくいって、食われなくなったという結果ならレポートしてくださいね。
>
> 多分ですけど、これどっさり植えている人ならやる気にならない方法だと思います。でも、2本なら。
どっさり植えてる専業のひとは消毒と農薬のフルコースだと思います
面倒だし、売れないと困るしね
俺のは趣味みたいなもんだから、好き勝手に遊んでますけどw
Coco さんへ
> オルトランしなくて正解ですね。
> ナス、成分を根から吸います。
> 私みたいなアレルギー体質だと、反応出ますよ。
> 夜盗虫は、米ぬかが大好きなので、米ぬかで誘き寄せれます。
> あと、卵を葉っぱの裏に産みます。
> 一か所に大量に産むので、すぐ分かります。
> 葉っぱごと卵を駆除すると、数は激減します。
> ねずみ返し、面白いですね。
> 相変わらずな発想力ですね〜。
> 結果が楽しみです!
オルトランも結構高いし常用しないで済むなら、それに越したことはないかな
米ぬかは手に入るだろうけど、それで一か所に集めてぶったたけばいいのか
ヨトウムシの足は短足だから突起のある枝葉はつかめてもプラには貼り付けないと思うのです
ですが、ちょっと警戒は継続です
かさばる兄さん(かさ兄) さんへ
> てかとさん、格闘おつかれさまですw
>
> まさかの物理解決www
>
> 正直ねずみ返しだけでは、
> 葉っぱの裏も歩いてるイメージのあいつらには、
> オーバーハングもなんのその?と思ったけど、
> 殺虫剤の二段構えがナイスですね。
> 裏側だから、直接雨も当たりにくいだろうしw
>
> だが、これらの施策が逆にヨトウムシの進化を促し、
> 摩擦係数の低いプラにさえ粘着する脚部と、
> 殺虫成分に耐えれるスーパーヨトウムシへの覚醒め(めざめ)の第一歩になろうとは、誰も気づかなかったのであった・・・w
葉っぱって葉脈や葉の表面の凸凹でけっこうクライムできるけど
プラは難しいんじゃないかなーと
登山家も氷山はピックで登るでしょ?俺はやったことないけどw

そういう何百年もかかるダーウィン進化論をうちの庭で試すなら、よそへ行ってほしいw
バブ さんへ
> とりあえずは、めでたしですね。
要観察、になったくらい?
油断大敵、慢心ダメ絶対
テツ(8641FS) さんへ
> こんにちは~!
>
> ヨトウムシとの戦いはまだ続いてたんですね~
> そして第二次戦争が「ラットガード」!!
> 野菜にラットガードはえらく新鮮でした(驚)
>
> 我が家も「えんどうの葉」が食べまくられなんで、
> 何か対策しなくては・・・(悲)
> お互い収穫に向け頑張りましょう!(笑)
> では、また~
おはようございます!
人類の歴史は、いつも戦いの歴史ですw
菜園が庭にあるうちとは違い、テツさんとこは菜園が借地だから
管理大変だよね
かぎっこのみなさんへ
いつもありがとうございます
mbd管理人 さんへ
> ゚ω゚)(-ω-)(゚ω゚)(-ω-)ゥィゥィ
> この勢いは動画やないと伝わらない(笑)
> テンションマックス時の玄徳っす₍₍ (ง ˙ω˙)ว ⁾⁾
>
> めっちゃオリジナルなやつができあがっとる!!!
> これを乗り越える猛者がいないことを
> 祈っとく(b`-ω-´)b
あの動画、やばい薬でもあたえたかのようだったw
かわいいけどテンションが異様w

記録は破られるためにあるけど、芋虫に知恵で負けたくない人類の矜持w
双子パンダ さんへ
> ネズミ返し覚えておきます(笑)。
> ヨトウムシがここのナスには
> 近寄れないぞ~って思ってほしいですね( *´艸`)
>
> 全ぽちっ☆と応援(*^^)v
テストにでますよー
ほかの野菜にいくのではなくて、うちをあきらめてほしいですw
みけねころんそう さんへ
> ネズミ返しとな(ФωФ)
> 米蔵イメージの固定観念で思いもしなかったですよよく思い付きましたね
> 正直土壌に殺虫剤?を染み込ませるとかいろんな生き物の怒り買うからやめとけオモタデスガ
> これでピカピカ野菜ゲットだってばよ!d=(^o^)=b
手作り感がなんともしょっぱい感じですよねw
効果はまだ不明です、なにしろ夜無双するタイプなので観察記録を写真でとって
比較していく地味な作業になりそうです
コイズミヤクモン さんへ
> てかとさん こんばんは~♫
>
> ネズミ返しですか。考えましたね。
> 完璧だと思います。
> ただ、ヨトウムシは何でも食べる悪食だから、他の野菜の方へ移動しないか心配です。
> 全部にやるとなるとちょっと面倒?
> ぽちっとな。
おはようございます!
あの手作りシールドが効果あるか、数日みないとなんとも言えないですね
いまのところナスはとれているのですが、葉っぱがかみきられた箇所とかありますし
ちまちま写真とって毎日比較する感じになりそうです
りょー さんへ
> キモっって言いながらやるんですね…(笑)
> 楽とは言ってもやっぱり大変な作業、こまめにお手入れしてあげてすごいなぁ(・∀・)
>
> あー、てかとさんもご存じでした?(笑)
> 私はすごいびっくりしました(*´σー`)エヘヘ
いやー、無理でしょwきもいじゃないですかw
ふんづけて倒すならまだしもね
もっさん さんへ
> 闇夜にまぎれ忍び寄る影
> 今宵撃退するはねずみ返し
> その効力やいかに
>
> 結果が気になりますな
そのコピー、かっこいいけどプラのねずみ返しの写真をみると
失笑を抑えられないねw
koonz さんへ
> ちょっと話は変わって、私はこの捕獲したヨトウムシの有効活用について考えたわけですよっ!
>
> その昔、釣りをする人はミミズを餌にして魚を釣ったわけじゃないですか?
>
> このヨトウムシを針で突き刺して・・・・うん、考えるのをやめよう -_-
ほー

ヨトウムシの死骸からでる体液は同族にめっちゃ忌み嫌われるらしくて
酢につけて根本にまくと効果あるらしい、本当かどうかはしらない
ただ、死骸の酢漬けとか壮絶にキモいのは間違いないw
14roe さんへ
> こんばんは!
>
> ネズミ返しが出てくるとは思いませんでしたが
> 「誰も傷つかない」を掲げるのなら理想の選択な気がします(^^♪
>
> この発想!流石ですね!(^O^)
おはようございます!
いちいち殺して数減らすにも夜通し作業だしね
農薬は使いたくないしー
尖閣諸島にもほしいな、ねずみ返し
kotetsuママ さんへ
> 考えましたね(* ̄ρ ̄)”ほほぅ…
> これで安心して、美味しくいただけるってことですね(@ ̄¬ ̄@)ジュルリ♪
> おめでとうございます(= ̄▽ ̄=)V やったね
とりあえず下からの攻撃を防げたか要観察中です
葉っぱのかみきられたあとが痛々しいのですが、
ちまちま写真撮って比較することにしました
馬場亜紀さんへ
> おはようございます!
> 正倉院とか出てくるとは笑。これが歴史に学ぶってことですね。
> 大昔からムシはいただろうから、みんなどうにかして対処してやってきてるんですよね。
> しかし、ムシも相当進化してるはず。薬剤耐性菌なんてのは1年で何百世代も入れ替わってるからすごいパワーアップする、だから薬が効かないといたちごっこ。ムシも同じような感じでしょうね。生存のためにすごいことやってくるかも?
> とはいえ、ねずみ返しの技に脱帽です。
おはようございます!
シンプルなほどいいんだよ、こういうのはね。
うぜー、めんどくせーって思ってくれれば、よそへいくんじゃない?
あいつらも楽をしたいはずだからw

コメントの投稿

非公開コメント

(i-m ページフッターカラム) (medi8 zone2aページフッターカラム) (medi8 zone8ページフッターカラム)
検索フォーム
独身男のグルメ
リンク

medi8 zone6 右サイドバー 広告おおすぎ