【日記】ホワイトデーの贈り物に黄金色の菓子を作ってみた




俺は楽をしたい
おはようございます、こんにちは、こんばんは、
初見の方は初めまして。
をしたい」へようこそ。

初見の方へ読む前に説明
このブログは、おっさんが日々のできごとを書いた日記です。あなたにとって、
本当につまんなかったら、ブラウザそっとじして時間を有効に使ってください。
ちなみに書いてるのは、ある程度変わったおっさんです。


さて、ホワイトデーが近づいてきました。
ホワイトデー、カップル
本命チョコをもらった人は気合いをいれて準備しないといけませんなぁ。

まぁ、俺にはチョコのチの字もないどころか、
むしろバレンタインデーに苦い漢方を飲んでる始末でしたよ。
2017/02/14 18:14 俺楽の日記
棒人間、落胆、失意


いつぞや紹介したホワイトデーに欲しいものアンケートによれば、
女性はお菓子、気持ち・愛、アクセサリが欲しいんでしたっけね。


せっかくなので、俺もひとつこの祭りにかませてもらいますよ。
ホワイトデーのおかえしものにと、俺なりのを作ってみました
当初はケーキを焼こうと思ったんですが、ケーキはもらったらあわてて食わないといけないしな。
意中のお相手に厳しいカロリーコントロールを強いるのは、愛というか哀かな。

で、いよいよ製作に入ります。
最初に企画した蜂蜜風の水あめによる飴作りは、
固まらない水あめ

火であぶろうが日光にさらそうが、ちっとも固まらない。

マネー、成金

太陽、日光、日焼け

花粉が入ってる純粋蜂蜜ならば、気温が下がるだけで固まるんだろうがなぁ。
戦隊、レンジャー、イエロー
柚種のペクチン、あんたすげぇよ。けろり、いや、とろりとしてやがる。
※イエローの人はイメージです。

次に水分を切って作った飴は固める過程で使った製氷皿が大変なことに。
かっちかちで取り出せなくなり、レンジで溶かしたら融解。お陀仏に。
製氷皿、融解
100円ショップで買ったものだったが、こんなカタチで臨終するとは。

これが完成品のレシピ。
いやー、犠牲は大きかった。
黄金色の菓子、大判小判飴
黄金色の菓子、大判小判飴

料理名:黄金色の菓子、大判小判飴
作者:てかと

■材料(1人分)
中ザラ糖か三温糖 / 20g
かぼす果汁 / 20g

■レシピを考えた人のコメント
ホワイトデーのお返しに使える、かぼす果汁を加えた甘酸っぱい飴を作ってみました
キリッとしたポーズ


ホイルケースの大判タイプを使ったんだけど、すこし大きいんだわ。
ひとまわり小さい小判のタイプがあればそっちがいいかも。

来年もチョコが欲しい旦那、袖の下は用意しましたか?
まだ?そいつはいけねぇ。俺のようになるぜw
このレシピで黄金色の菓子を持って行きましょうや。
悪代官、小判、マネー
てかと屋、そちはワルよのう。









おっさんの日記をしたい」は、
ごらんのスポンサーの提供でお送りしました。






最後まで読んでくれてありがとうございます。
では、みなさん、今日も元気にお過ごし下さい!
スポンサーサイト

medi8 zone6 右サイドバー 広告おおすぎ