記事一覧

【家庭菜園】家の中で野菜の水やりするなら防災水タンク、これしかない





俺は楽をしたい
おはようございます、こんにちは、こんばんは、
初見の方は初めまして。
をしたい」へようこそ。

初見の方へ読む前に説明
このブログは、おっさんが日々のできごとを書いた日記です。あなたにとって、
本当につまんなかったら、ブラウザそっとじして時間を有効に使ってください。
ちなみに書いてるのは、変わったおっさんです。


昨日のおさらい

みとちゃん朝市で買った前々回の食材、まだありました。
みんな大好き、ラーメンだよ。
うちではあんまり食べてないんだけどね。
せっかくだし、味噌ラーメンだ。スープは作ってみた。
うめぇ。(自賛)

ベランダに置いたプランタ小松菜

このブログで家庭菜園ネタを出したとき、
小松菜の種の袋に書いてあった通年栽培可能が本当か?
それを検証したくて真冬の12月、プランタで育てた話をしたことがあります。

あったはず、いつだったかは覚えてないんだが、
ブログに検索バーがあるから「小松菜」で探してみた。
これ便利だな。

12月に種まきして2ヶ月たっても大きくならん、とかって内容。
あとで記事のカテゴリ分類をきちんとしよう、と心に誓った。
あとで、だ。(キリッ)

家庭菜園カテゴリのブロガー、コイズミヤクモンさんにコメントで
対応を教えてもらった記憶があり今でも感謝している。

そのあと、ベランダで飢えた野鳥に葉をかじられて激おこ、
ってオチまであった。
かじられた小松菜
写真カテゴリの野鳥ブロガーは許しても俺は許さぬぞ!
まぁ、どうしようもないんだけどね、空飛んでるし。

縁側に置いたプランタ、成長す

そのあと、野鳥から小松菜を守るべく、縁側へ移動。
なんと冬でも日当たりが良いせいか、成長をはじめる。
かじられた葉は元に戻らないから見るたびに戒めになった。
プランタ小松菜、順調
こんな方法があったことを偶然思い知った。
いいかげん、食べろよ、って状態。
安心安全無農薬、敵はいない。(キリッ)

縁側なら野鳥もこない、蝶々に卵を産み付けられることもない。
諸葛亮、孔明、罠、策
神采配だ。俺は今孔明になった。(慢心)

農家の親類に見せたら、「やってるね!」のひとこと。
顛末を説明したら、対応がお気に召した模様だった。
蝶に卵産み付けられるとキリがないからね、
虫とりをするゲームになってしまう。

それでも水やりを忘れる俺

とはいえど、家の中ですら管理できてない俺。
乾燥に強い観葉植物を平然と枯らすほどだからな。

春めいてきたら土をさわると乾燥してるときがあるし油断ならん。
水やりすぎもよくないし、ぱっと水やりのシーンがままある。
からっぽのじょうろに水を補充するのも面倒だ。

でも縁側に水道の蛇口なんてないよね。
宇宙戦艦ヤマトの真田さんみたいなノリで、
「こんなこともあろうかと縁側に水道の蛇口を作っておいたのだ」
なんて家は寡聞にして聞いたことも見たことない。
羊、寝る、睡眠、数える
俺は昼も寝ないで夜はベッドでひつじを数えながら考えた。

防災用の水タンクを縁側に配置

東関東大震災のとき、近所のスーパー、コンビニでは
を買い求める客が結構いた。
地震、揺れる家
うちではホームセンターで買った水タンク、温水器、
風呂桶の水で断水した三日間を耐え抜いたことがあるよ。
あれはきつかったな。

防災用の水タンクなんて、どこの家にでもあるよな。
ショック、驚き、女性、ポーズ
・・・あるよね?
なかったら買っておくのおすすめ。備えよう。(迫真)

生き物は水がないと生きていけないが平時は需要がない。
せっかくだから、水が必要なときだけタンクから補充できればいい。
こんな感じ。
水やりに防災水タンク
家の中で野菜を育てるなら、プランタと防災用の水タンク。
たぶん、これが一番だと思います。





おっさんの日記をしたい」は、
ごらんのスポンサーの提供でお送りしました。

拍手が聞こえる?気のせい気のせいいいねの代わりに広告主様クリックお願いします。



























最後まで読んでくれてありがとうございます。
では、みなさん、今日も元気にお過ごし下さい!

スポンサーサイト