記事一覧

【日記】いつも吠えてる飼い犬を救おうプロジェクト





俺は楽をしたい
おはようございます、こんにちは、こんばんは、
初見の方は初めまして。
をしたい」へようこそ。

初見の方へ読む前に説明
このブログは、おっさんが日々のできごとを書いた日記です。
リンクフリー。コメント大歓迎。無言,そっとじへの訪問リスト返しはしません。
ちなみに書いてるのは、変わったおっさんです。


昨日のおさらい

鯖の煮付けはおいしいが料理スキルが高くないと厳しい。
しかしレンチンで作れるから失敗もない。
チャーシュータレでも作れるよ。(笑)
科学はすばらしいな。

近所で飼い犬が吠えている

近所に茶色の柴犬を飼っているお宅がありましてね。
朝、昼、夕方になると力のない声で吠えるんですよ。
ペット、犬、ハングリー
どうもお腹をすかせているのか声に力がない。
あれでは不審者のカモなのでは?、とすら思える。
よそのお宅だが、毎日うるさいので対応することにした。

どう考えても飼い主に問題がある

問題の犬の様子を遠目にチェックしてみたところ、
杭にリードでつながれ散歩行ってるのかすらあやしい。
妙にやせていて元気がない
これは運動不足だけじゃないのだろう。
カメラ、犬、撮影
ペットブログを見るようになって、ペットが愛されてるか
その程度は判別がつくようになった。


動物指導センターへ連絡

犬が吠えてうるさいなら保健所へ、ってブログは結構ある。
だが、それは犬を始末しろ、って言ってるのと同義。
今回のケースでは該当しない。
棒人間、ハンマー、破壊
むしろ、悪い飼い主に裁きの鉄槌を下すべき

そういう要件でネット検索してみると担当は保健所ではなく、
動物指導センターという専門の役所があることがわかった。
さっそく連絡をとってみた。


民事も辞さない覚悟

担当は飼い主の番地、名前、犬種、毛の色を聞くと、
訪問して指導を行うと約束してくれた。
ただし、法的な拘束力はなく飼い主が行いをただすかは
確約できない、とのことだった。
そうなったら民事で解決して、と念押しされた。
なかなか慎重な対応だ、理解もできる。
話はわかったから頼む、と伝えて電話をきった。


一週間経過、静かな町が戻ってきた

あれから一週間が過ぎ、あの柴犬は一鳴きする程度。
町は平穏を取り戻した
役人が指導しても改善しないなら、
民事で勝利する自信はある。

だが、家庭裁判所で争うとか心底面倒だからな(笑)。
裁判長、裁判、小槌
裁判ごっこはゲームだけにしたい。異議あり!とかな。
できれば避けたいところで助かった。
相手のお宅も民事で詰め寄られるのは面倒、
と考えたのかもしれない。

近所の年寄り衆、顔役の世話人に頼んだことはあったが、
まったく解決しなかったのが電話一本で終わった
決意をもって望めば道は開けると確信。

古くからあるコミュニティ、町内会は機能していない
そもそも吠え声がうるさい、なんてのはよくある話。
長く生きてる先人が解決したノウハウがあるはずで、
それをネットで調べて解決できる時代に変わったようだ。

これも時代か。すごい勉強になった。
同様のトラブルが発生しても、この経験が生きるだろう。




おっさんの日記をしたい」は、
ごらんのスポンサーの提供でお送りしました。


最後まで読んでくれてありがとうございます。
では、みなさん、今日も元気にお過ごし下さい!

スポンサーサイト